青森県でもらえる手当て

一人親世帯を助けてくれるシステムとして児童扶養手当があります。離婚、死亡などによってシングルマザーによって育てられている子供の日々の暮らしをを補助することが目的の手当てです。受給できるのは、父母が離婚をしたケースとか、両親のいずれかが死亡したり、または重い障害を抱えている場合等になります。結婚していない親が生んだ子も受け取ることができます。青森県など、役所で申し込みます。再婚をしたり、養護施設などや養父母に養育されているときは受給できません。

青森県のシングルマザーの人によっては、経済的にきびしくなって期限のある請求料金を滞納しそうになる事も多いです。家賃、携帯代等、月ごとの払いが増えると遅れてしまいがちになります。そんな際に気をつけたいのが遅延利息です。払込期日に払えなかった延滞分は延滞料金を追加して支払わなくてはいけなくなるという場合も多くあります。その時の延滞利息というのは案外と多めになってしまい、10%を上回ってしまう場合が多々あるため、金利が安く借り入れできるキャッシングにて借り入れして納付してしまったほうがコストが少なくて済むというようなケースも少なくない。

青森県のおすすめ情報

原子整形外科医院弘前市大字代官町57ー10172-32-0255
やなぎまちストレスクリニック青森市長島1丁目6ー6クロスタワーAーBAY3階017-718-3026
種市外科八戸市小中野一丁目3ー210178-43-1215
横内耳鼻咽喉科医院青森市中央一丁目12番3号017-777-4133
健生クリニック弘前市野田二丁目2ー10172-33-2021
八戸市国民健康保険 南郷診療所八戸市南郷区大字島守字梨子ノ久保25ー30178-82-2211

失業手当を支給してもらえる期間は青森県でも勤務年数と年齢と会社を辞めた理由により変わってきます。自己都合にて会社を辞めた方で65歳未満の事例では勤続年数が1年以上10年未満ならば90日、20年未満であれば120日、20年以上ならば150日になります。仕事を辞めた理由が会社都合である特定受給資格者については、これらの期間と比べて長期になって、結果的に支払われる金額も増えていきます。加えて、自己都合により仕事を辞めた時は3カ月の給付制限というものが設定されていて、一定期間を過ぎないと失業手当の給付がされないようになっていますが、会社都合で仕事を辞めた時は特定受給資格者になって、そうした制限はないです。

ページの先頭へ