福岡県でもらえる手当て

離婚の理由で一人親になった人は、毎月養育費をもらっているという場合が福岡県でも多いです。そのような場合には養育費の額を家計をやりくりしていく上で頼っている方が大部分だと思いますが、毎月振り込んでくれなかったり、しばらくすると、不意に支払いがストップするなどのようなリスクも考慮に入れておいてください。離婚を決める時には公正証書をつくるようにするのがよいのですが、何はともあれ書面化して両者で捺印するようにしておくと、ごたごたも少なくすることができます。

育児家庭のサポートとして、就学援助制度があり、義務教育に不可欠な学用品や給食費用などの支援を受けることができます。おのおのの自治体の教育委員会にみとめられた方が対象となりますが、シングルマザーで児童扶養手当が支払われている人ならば対象となる見通し大です。福岡県でも、小学校や中学校の新学年のときに申請書類がくばられて申請する事が多くなっていますが、時期に関係なく申し込み可能ですので各々の学校に相談してみてください。

福岡県のおすすめ情報

医療法人 前山整形外科医院福岡県北九州市小倉北区重住三丁目4番27号093-931-1277
医療法人 上の原クリニック福岡県北九州市八幡西区上の原3丁目28番11号093-612-0002
医療法人 末医院福岡県北九州市八幡西区香月中央3-2-15093-617-1212
医療法人 江の浦医院福岡県みやま市高田町江浦町526番地0944-22-5050
金苗医院福岡県北九州市小倉北区真鶴1-1-1093-581-0731
杉本陽子クリニック福岡県福岡市東区和白丘1丁目22-27092-605-6626

失業給付金を受給できる期間は、福岡県でも何年勤めたかと年齢と退職した理由により変化してきます。自己都合によって辞めた方で65歳未満であるケースでは勤めた年数が1年以上10年未満ならば90日、20年未満であるならば120日、20年以上ならば150日です。会社を辞めた理由が会社都合の特定受給資格者は、自己都合退職の方の期間より多くなり、結果として受け取れる金額も多くなります。さらに、自己都合により辞めた時は3カ月の給付制限というものが設定されていて、所定の日数を過ぎないと失業給付金をもらえないのですが、会社都合によって離職した人は特定受給資格者になるため、そうした規制はありません。

ページの先頭へ