福島県でもらえる手当て

母子家庭の援助をする制度というのは児童扶養手当ですが、その他にも、活用できる補助金は設けられています。例えば、一人親ための医療費助成の制度では、医療費の一部の額を支援してもらえて、福島県などの役場の保険年金課で届ければつかえるようになります。加えて、母子家庭限定のものではありませんが、年金等を払うのが厳しい場合は、届ければ全部とか半額の免除を受ける事も可能になっています。金銭面の負荷を省くためにも利用したい助成です。

離婚にてシングルマザーになった人は、月ごとに養育費をもらっているというようなケースが福島県でも珍しくありません。そのような場合には養育費を家計のやりくりで当てにしている方が大部分ですが、しっかりと払ってくれなかったり、時間が経つにつれ、ほとんど支払いがストップするなどのようなリスクも想定しておく必要があります。離婚をする時には公正証書にするのがよいのですが、まずは書面化して互いに捺印すると、厄介ごとを防ぐこともできます。

福島県のおすすめ情報

福島県立宮下病院大沼郡三島町大字宮下字水尻11500241-52-2321
医療法人すずき医院伊達市保原町字西町1750245-75-2563
三河台内科中野出張診療所福島市飯坂町中野栃窪44
医療法人朝陽会橋本医院田村郡小野町大字谷津作字馬場70ー10247-72-3711
医療法人 主恩会東部整形外科郡山市字北畑15024-956-1400
菅原医院河沼郡会津坂下町字市中二番甲35970242-83-2311

失業保険についての受給手続きをしてから7日間の待機期間もいれて、失業手当が支給されている時に単発のアルバイトで仕事をする事は福島県でもOKですがハローワークの窓口へ申告しなくてはいけません。基準として、4週間で14日を超えない、週日を超えないで、かつ20時間以下であるなら大丈夫な場合がほとんどですが、届出しないと不正受給となります。不正をして失業保険を受給したときは受け取っていた額のすべて以外にも貰っていた額の2倍、つまりは3倍の額を払うことが必要になります。例えば100万円支払われていた場合は300万円を返すことが必要になります。

ページの先頭へ