稲敷市でもらえる手当て

母子家庭ということばは稲敷市では社会的にも浸透していますが、父子家庭は、それほどつかわれていません。現実問題として、昔は児童扶養手当についてはシングルマザーの子どもだけに支給されて、父子家庭は受給できませんでしたが、平成22年からは、父子家庭も対象になるように改定されました。子供が低年齢のときは母親が親権を持つ場合がふつうなので父子家庭は多くなかったり、父親というのは暮らしていくのに十分な職業を持つことがほとんどだったので、払われませんでしたが、シングルマザーにかぎらず、父子家庭についても援助が必要であると理解された結果です。

母子家庭手当だけでなく、金銭面の支援をしてくれる補助が稲敷市には設けられています。親が亡くなってしまい母子家庭になってしまった場合は遺族基礎年金を受け取れます。また、離婚などでシングルマザーになってしまった時にも年金などの支払いができない際は全部や半分の金額の減免を受ける事もできますので、払えそうにないなら減免してくれるかどうか、各役場へ行ってみましょう。そのほかにも、片親家庭の医療費の一定額を負担してくれる社会制度もそろっています。

稲敷市のおすすめ情報

江戸崎ひかりクリニック稲敷市江戸崎甲3557-1029-834-5777
鈴木クリニック稲敷市沼田2687-3029-892-3640
医療法人盡誠会 宮本病院稲敷市幸田12470299-79-2114
佐倉クリニック稲敷市佐倉字佐倉原3251-70298-92-7011
江戸崎眼科稲敷市佐倉3298番1029-892-0262
医療法人社団広文会 江戸崎病院稲敷市阿波1299029-894-2611

失業給付金が支払われるためには稲敷市でも地元のハローワークにて受給手続きが必要です。申請の際に必要な物は退社する時に雇用主から発行された離職票1と2、雇用保険被保険者証です。写真としては正面の上半身が撮影された3cm×2.5cmの物を2枚持参します。本人確認書類は免許証を所有していれば1枚、写真が掲載されていない書類等ならば2枚準備します。さらに印鑑と本人の普通預金通帳を用意していきましょう。

ページの先頭へ