下妻市でもらえる手当て

離婚した後に相手方が養育費を支払わないなどというような厄介ごとが起きてしまうことは下妻市でも少なくないです。相手の負担する金額が多すぎて養育費を支払えない時は実態に応じた処置も必要となりますが、払える能力があるのに養育費を払わない場合には、それなりの対応をとりましょう。離婚の話し合いで公正証書を作成していないときも、払ってもらうための調停を家庭裁判所に申し込む事も可能です。1000円程にて申し立てられ、弁護士等をつけなくても大丈夫ですので、とにかく聞いてみましょう。

母子家庭という単語は下妻市ではかなり使用されていますが、父子家庭は、それほどつかわれません。実際、前は児童扶養手当は母子家庭の子のみが受給できて、父子家庭は対象からははずされていましたが、平成22年からは、父子家庭についても対象となるように修正されました。子供が小さい時は母親が引き取る場合が多いため父子家庭は多数派でなかったり、生活に十分な仕事に就いている場合がほとんどだったため、これまでは受給対象外にされてきましたが、母子家庭に限らず、父子家庭についても手助けが必要と判断されたのです。

下妻市のおすすめ情報

湖南病院下妻市長塚48-10296-44-2556
坂入医院下妻市高道祖4611-120296-43-6391
中嶋医院下妻市下妻乙145番地029-644-3008
加倉井皮膚科クリニック下妻市小島905番地10296-30-5007
下妻市夜間応急診療所下妻市本城町3-36-10296-43-1990
とやまクリニック下妻市石の宮57-10296-30-5010

失業給付金を支給期間MAXまで支給してもらってから勤務先を決めようといった人は下妻市でも多いですが、就職をしやすくするために設定された再就職手当てという仕組みもあります。失業保険を受け取る認定を所有した後の再就職で、残り日数が3分の1よりたくさんあり、一年以上働ける見込みの際に再就職手当をもらうことができます。支給期間の残り日数が3分の2よりたくさん残っている場合は60%、1/3以上の時は50パーセントを受給できます。過去3年間に就業促進手当を受けていないことが条件になります。

ページの先頭へ