南国市でもらえる手当て

母子家庭という言葉は南国市ではかなり知られていますが、父子家庭については、あまり使われていません。実際、ひと昔前は児童扶養手当は母子家庭の子どものみに支払われて、父子家庭は受給できませんでしたが、平成22年からは、父子家庭についても支払われるようになりました。子供が低年齢のときは親権は母親という判断がされる事が多いので父子家庭というのは数が少なかったり、ある程度の仕事を持つことがほとんどだったため、これまで対象外にされてきましたが、シングルマザーのみでなく、父子家庭にも手助けが必要ということが認識されたということです。

シングルマザーの手助けをしてくれる母子手当てということで児童扶養手当があります。シングルマザーの子どもの日々の生活の安定を支援する手当てで、南国市等、窓口にて申し出れば受け取れます。原則的には月額4万円程が支払われますが、申し出ないと受給することができないので、申告していない方は、きちっと届け出るようにしてください。子供が18才になって最初の3月末まで受給でき、児童手当などと同様に子どもに対して設定されている補助金です。日々の生活をしていくために、子どもの発達環境を整える手当てになります。

南国市のおすすめ情報

医療法人つくし会 南国病院南国市大埇甲1479-3088-864-3137
鍋島医院南国市国分1009088-862-0030
診療所 はまゆう南国市浜改田1277-1088-865-5266
医療法人 西田順天堂内科 西田順天堂内科南国市大埇甲757の3088-863-1881
いちはら内科小児科南国市大埇甲1775番地1088-863-3915
医療法人藤原会 藤原病院南国市大埇乙995088-863-1212

ハローワークに行けば失業給付金をもらう手続き等についても行っています。失業手当ては、働いていた人が辞めて、ほかの勤務先が見つかるまでの間の就職活動を応援することを目的として給付金です。受給する条件としては、雇用保険に過去一年間で6か月超加入していたことが必須になります。バイトやパートで雇用されていた人は2年の間で12か月超の期間加入していた事が条件です。南国市でも会社に勤務する希望を抱いていて、すぐに勤めることが出来ることを要求されますし、仕事探しもしていることが必要です。

ページの先頭へ