香南市でもらえる手当て

母子家庭というワードは香南市ではかなりなじみのあるものですが、父子家庭は、ほとんど使用されていません。現実に前は児童扶養手当についてはシングルマザーの子どものみが対象で、父子家庭はもらえませんでしたが、2010年からは、父子家庭も支給されるように改定されました。子どもが小さい時は親権は母親に認められる事が一般的なので父子家庭は多数派でなかったり、暮らしていくのに足りる職業に就いている場合がほとんどだったため、以前は対象に入っていませんでしたが、母子家庭に限らず、父子家庭についてもサポートが必要と認められた結果です。

離婚の理由で一人親になってしまった方は、月額で養育費を支給されているというようなケースが香南市でも少なくないです。それらの際には養育費の金額を生活を維持していく上で当て込んでいる方が大多数ですが、しっかり払ってくれなかったり、何年か経つと、ほとんど支払いが止まる等といった危険も考えなくてはいけません。離婚を進める場合には公証役場で公正証書にしておくようにするのが良いのですが、何はともあれ書面化して互いに捺印しておくと、トラブルを避けることもできます。

香南市のおすすめ情報

寺田内科香南市夜須町坪井23-10887-55-5100
疋田内科香南市野市町西野2636-60887-56-2002
のいち眼科香南市野市町西野1945番地0887-57-8810
ヤ・シィ クリニック香南市香我美町岸本800-10887-55-1500
医療法人 香美会 かがみ診療所香南市香我美町岸本328番地1740887-54-5678
医療法人 高知慈恵会 三谷病院香南市野市町西野555の20887-56-0152

仕事のない若年層は香南市でもなかなか減少せず、卒業後の就職率もしだいに下がっています。その現況の中で厚生労働省は正規雇用で勤めたい若年層を助けることに主眼を置いた「わかものハローワーク」を各地域に設けています。対象は、ざっくり45歳未満になっており、希望すれば一人ひとりスタッフが職探しや面接方法等についてのアドバイスを受けることが出来ます。加えて、仕事が長続きしないといった方のために就職した後も相談できるなどの後押しも行っています。

ページの先頭へ