鹿島市でもらえる手当て

母子家庭や父子家庭の援助をしてくれる手当と言えば児童扶養手当ですが、その他にも、活用できる手当は設けられています。例えば、ひとり親ための医療費助成の制度によって、医療費のいくらかを援助してもらえ、鹿島市などの役所の窓口で申し込むことで利用できるようになります。また、シングルマザー限定のものとは違いますが、年金や国民健康保険などを払えないときは、申告すれば支払額の全部とか半額を免除してもらうといったことも可能になっています。生活の負担を減らすためにも利用したい仕組みです。

離婚によってシングルマザーになってしまった方は月当たりに養育費が払われているというケースが鹿島市でも少なくないです。そんな時には養育費の額を生活していく上で欠かせないものとしている方が大部分だと思いますが、きちっと払ってくれなかったり、しばらく経つと、まったく支払いが止まるなどといったリスクも考慮に入れておいてください。離婚手続きをする際には公正証書をつくっておくようにするのが最善ですが、少なくとも文書化して両者で捺印するようにしておくと、トラブルを避けることもできます。

鹿島市のおすすめ情報

医療法人社団 別府整形外科鹿島市大字高津原3523番地10954-63-3063
光武産婦人科鹿島市大字納富分2938番地09546-3-3466
鈴木内科クリニック鹿島市大字山浦甲358番地10954-69-8161
医療法人 わしざき耳鼻咽喉科鹿島市大字納富分字藤津甲41番地10954-69-0222
医療法人 好生堂下河辺眼科医院鹿島市大字中村149番地10954-63-3046
西岡内科クリニック鹿島市大字高津原3777番地109546-3-4090

失業手当についての手続きを行った後7日の待機期間も入れて、失業保険を貰っているときに短期のバイトやパートで勤務する事は鹿島市でも可能になりますが、ハローワークに申請しなくてはなりません。判断基準として、4週で14日を超えない、一週間で日以下で、かつ20時間以内であるなら認められることが多くなっていますが、報告しないと不正受給と見なされます。不法行為で失業給付金を受給した時はもらっていた額全額の他にそれらの分の二倍、つまり三倍の金額を返還しなければなりません。100万受け取った時は300万円を払うことを要求されます。

ページの先頭へ