米子市でもらえる手当て

シングルマザーの援助をしてくれる助成金ということで児童扶養手当が用意されています。夫婦の離婚、死別などによってシングルマザーによって育てられている児童の日常生活をを支援するための補助です。受け取ることができるのは、夫婦が離婚によって別れたケース、両親のいずれかが死んでしまったり、または障害を抱えるケースなどになります。結婚していない母親が生んだ子供についても受け取ることができます。米子市など、役所で届け出ます。再び結婚したり、児童施設等や養父母に育てられている場合には対象となりません。

母子家庭手当て以外にも、金銭面の手助けを受けられる公的制度が米子市には存在します。例として、父親が亡くなってしまってシングルマザーになった時には遺族基礎年金の対象となります。さらに、離婚等により一人親になってしまった時にも国民年金や健康保険等を支払うのが難しい際は支払額のすべてや半分の免除を受けるということが可能なので、支払えないなら減免が可能か、各役場へ足を運びましょう。そのほかにも、一人親家庭の医療費の一定額を援助してもらえる公的制度も存在します。

米子市のおすすめ情報

岡﨑内科医院米子市上福原2丁目17ー200859-34-7151
米子医療生活協同組合 米子診療所米子市博労町3丁目80ー10859-34-1201
メンタルケア&カウンセリング はまざきクリニック米子市安倍48番地10859-30-0600
真誠会セントラルクリニック米子市河崎5800859-29-0099
医療法人社団 松浦診療所米子市東町1630859-22-2446
独立行政法人国立病院機構 米子医療センター米子市車尾4丁目17番1号0859-33-7111

米子市でもハローワークの窓口で申し込めば公共職業訓練を受講することが出来ます。失業者が働くのに有利になる能力を履修する講座でかかる料金は教材費だけで無料です。ハローワークに行けばいろいろな冊子が備え付けてありますので受講希望の講座をハローワークの窓口で申請します。3か月以下で行われる講座の場合の多くは書類による審査ですが、6ヶ月間以上の講座は面接試験やペーパーテストなどで選ばれます。大切なのは受講したいという熱心さになります。

ページの先頭へ