下関市でもらえる手当て

母子手当てだけではなく、お金の補助をしてくれる公的制度が下関市には用意されています。親を亡くしてしまってシングルマザーになった際には遺族基礎年金を受給できます。加えて、離婚などによって一人親になってしまった際にも年金や健康保険などを払うのが難しい場合は納付額のすべてや半分の金額の減免を受けるといったこともできるので、支払えなくなってきたら免除の対象かどうか、各役所に相談してみましょう。他にも、片親家庭の医療費の一部を補助してくれる公的制度もあります。

シングルマザーの手助けをしてくれる公的制度として児童扶養手当があります。シングルマザーの子どもの人生を支える補助金で、下関市等、役所で申し出ることで受け取れます。普通は月に四万円程度を受給できますが、届け出ないと受け取れないため、申し込んでいない方は、しっかりと申し出るようにしましょう。子供が十八才の誕生日を迎えて最初の3/31になるまで支払われ、児童手当などと同じく子どもに支給されるシステムです。毎日の暮らしをしていくために、子どもの環境を準備する手当です。

下関市のおすすめ情報

医療法人社団 江本外科胃腸科医院下関市菊川町大字下岡枝170の3083-287-1222
医療法人社団たなべ内科クリニック下関市清末鞍馬3丁目5番18号083-283-0050
みやざき耳鼻咽喉科下関市梶栗町3丁目7番3号083-258-3387
さくらアイクリニック下関市竹崎町4丁目4番1号083-223-0290
伊藤眼科下関市田中町4番3号083-232-4018
すう循環器内科下関市彦島江の浦町6丁目1番15号083-261-1234

下関市でもハローワークで申し込めば公共職業訓練を受けることが可能です。退職者が就職に有効なスキルを修得するためのコースであって費用は教材代金のみとなっています。ハローワークに行けば色々な冊子がありますのでチャレンジしたい訓練を決めてハローワークにて申し込みます。3ヶ月未満でできるもののほとんどは書類による審査になりますが6か月間以上のカリキュラムは面接や筆記試験等にて選ばれます。重要なのはチャレンジしたいといった熱心さです。

ページの先頭へ