幡多郡大月町でもらえる手当て

相手側が養育費を払わないなどの問題が起きてしまう事は幡多郡大月町でも多々あります。相手方の負担する額が多いため養育費のためのお金を用意できないときは実態に応じた措置も必要となりますが、払うことができるのに養育費を払わない場合は、適切な処置をとる必要があります。離婚する際に公正証書を作成していない時も、支払ってもらうための調停を家裁に申し立てる事も可能です。千円ほどでやることができ、弁護士などをつけなくてもOKですので、一度相談しましょう。

幡多郡大月町のシングルマザーの方によっては、金銭的につらくなり期限のある支払いが遅れがちになることも多いです。税金、ガス料金など、毎月の請求料金が増えてくると滞納してしまいがちになってきます。それらの時に気をつけたいのが延滞金になります。払込期日を過ぎた分については延滞料金を付け足して納めないといけなくなるというようなケースも珍しくないです。その際の利息は思いのほか高くなってしまい、十%以上になるケースが多いため、低い金利で借金可能なキャッシングで借り入れして払い込んでしまったほうが費用がかからなくて済むといったケースも多くなっています。

幡多郡大月町のおすすめ情報

西村医院幡多郡大月町弘見1422-70880-73-0027
大月町国民健康保険大月病院幡多郡大月町鉾土6030880-73-1300
月灘診療所幡多郡大月町姫ノ井公神10760880-74-0344

失業手当てを支給してもらうためには幡多郡大月町でも近隣のハローワークにて受給手続きが必須になります。申請する際に必要となるものは会社を辞める時に雇用主から発行してもらった離職票1と2、雇用保険被保険者証です。写真については正面の上半身が写された縦3センチ横2.5センチのサイズのものを2枚提出します。本人確認の書類は、免許証であれば1枚、写真がない住民票や健康保険証などならば2枚になります。他には、印鑑や自分の普通預金通帳を持参しておきましょう。

ページの先頭へ