北相馬郡利根町でもらえる手当て

一人親家庭を補助する制度として児童扶養手当が用意されています。夫婦の離婚とか死別等によって片親によって養育されている子供の毎日の暮らしをを補助することを目的とした支援金になります。受け取れるのは、夫婦が離婚しているケースや、父母のいずれかが死亡または身体障害を持つケースなどです。結婚前の親が生んだ子どもについても受け取ることができます。北相馬郡利根町など、市町村の役所で申し込みます。再度結婚したり、児童施設等や養父母に育てられている時は対象となりません。

子どものいる家庭のサポートとして、就学援助制度というものがあり、授業で不可欠な文具とか通学用品費等の支援を受けることが可能です。個々の市町村の教育委員会に認定された方が対象ですが、母子家庭で児童扶養手当を支給されている人であるならば認定される見込み大です。北相馬郡利根町でも、小中学校の学年変わりのときに申請書類がわたされて申請することとなりますが、学年のいつでも申請可能ですのでおのおのの学校側に尋ねてみることをおすすめしまます。

北相馬郡利根町のおすすめ情報

鈴木内科医院北相馬郡利根町早尾890-10297-68-3100
早尾台医院北相馬郡利根町大字早尾200-320297-68-8911
山中医院北相馬郡利根町大字中田切1-10297-68-7287
利根町国保診療所北相馬郡利根町大字羽中2000297-68-2231
小沢クリニック北相馬郡利根町大字羽根野941-20297-68-6466
荒木医院北相馬郡利根町大字布川2851-20297-68-2529

失業手当の手続きを行った後一週間の待機期間中も入れて、失業給付金を受け取っている期間に一時的にバイトで勤務する事は北相馬郡利根町でも認められていますが、ハローワークへ報告をする必要があります。基準として、4週の内14日以内、一週間で3を超えないで20時間以内であれば認められることが多くなっていますが、申請しないときは不正受給となってしまいます。不法行為で失業保険が支払われていた時は受け取っていた額の全額のみでなく、受け取った額の2倍、つまりは三倍の金額を支払う必要があります。100万円支払われていたときは300万を支払う義務があります。

ページの先頭へ