嬉野市でもらえる手当て

離婚の理由でシングルマザーになってしまった方は毎月養育費を払ってもらっているというケースが嬉野市でも少なくありません。それらの場合には養育費の額を家計のやりくりでたよりにしている方がほとんどですが、しっかり払い込んでくれなかったり、ある時期を境に、パタッと支払いが止まる等のような問題も想定しなくてはいけません。離婚手続きをする場合には公正証書をつくるというのが申し分ないのですが、何はともあれ記録して夫婦でサインするようにしておくと、厄介ごとを回避できます。

お子さんのいる世帯のサポートとして、就学援助制度というものがあり、学校で必需品になる教材とか校外活動費等の補助を受けられます。各自治体の教育委員会にみとめられた方が対象となりますが、シングルマザーで児童扶養手当を受給している方ならば対象となる見込みが高くなります。嬉野市でも、学校の学年はじめの時に書類がわたされて申請する事が大部分ですが、学年のいつでも申込みは可能ですので各々の学校側に聞いてみることをおすすめしまます。

嬉野市のおすすめ情報

医療法人 陽明会 樋口病院嬉野市塩田町大字馬場下甲1番地09546-6-2022
福田医院嬉野市嬉野町大字下宿乙2315番地20954-43-0550
医療法人 薫風会 前田歯科医院嬉野市嬉野町大字下宿字三本杉甲4271番地20954-20-2288
西村医院嬉野市塩田町大字馬場下甲1498番地09546-6-2109
医療法人悠池会 池田内科嬉野市嬉野町大字下野丙39番地10954-43-2123
医療法人 野中医院嬉野市嬉野町大字吉田丁4653番地0954-43-9341

失業手当の受給期間は嬉野市でも会社に在籍した年数と年齢と会社を辞めた理由で変わってきます。自己都合にて会社を辞めた方で65歳未満である例では勤務した年数が1年以上10年未満であるならば90日、20年未満であるならば120日、20年以上で150日になります。退職理由が会社都合である特定受給資格者は、この期間よりも長くなって、それだけ受け取れる金額も高くなっていきます。さらに、自己都合にて会社を辞めた場合には3カ月の給付制限が設けられていて、指定の期間を経ないと失業給付金を支給してもらえないのですが、会社都合により会社を辞めた人は特定受給資格者になり、その規制はないです。

ページの先頭へ