足立区でもらえる手当て

母子家庭ということばは足立区では社会的にも使用されていますが、父子家庭は、あまり用いられません。現実問題として、以前は児童扶養手当については母子家庭の児童だけに払われて、父子家庭には支給されませんでしたが、2010年からは、父子家庭も支払われるように改定されました。子供が低年齢の場合は母親が親権を所有するケースが通常なので父子家庭というのは多数派でなかったり、父側は暮らしていくのに十分な職業についていることが大半だったので、以前は対象外にされてきましたが、シングルマザーだけでなく、父子家庭にも支えが不可欠であると判断されたということです。

足立区の母子家庭の方の中には、金銭面で困難になると期限のある請求額が遅延しがちになることもあると思います。借入金の返済とか電話料金など、定期的な請求が増えてくると滞納しそうになりがちになってきます。そのようなときに注意を払いたいのが利息です。納付期限に支払えなかった分は遅延金を付け足して納めなくてはいけないというようなケースも多くあります。そのときの延滞利息は思いのほか多くなっていて十数%を超えてくる場合が少なくないので、安い金利で借りれるキャッシングで借金をして収めたほうが出費が減るといった場合も少なくないです。

足立区のおすすめ情報

足立医療生活協同組合綾瀬駅前診療所足立区綾瀬四丁目9番24号大室ビル3階-30103-3629-5841
ひなた訪問診療所足立区竹の塚三丁目5番2号1階03-5809-6271
三原小児科医院足立区本木北町14番6号03-3896-5931
医療法人社団 成仁 医院足立区中川四丁目29番12号03-3605-4990
つのだ内科クリニック足立区江北七丁目14番5号03-5839-6705
山一ビル内科クリニック足立区島根三丁目8番1号山一ビル島根Ⅱ1階03-3884-8888

失業手当の受給手続きをしてから7日間の待機期間も含めて、失業給付金を受け取っているときに一時的にバイトをする事は足立区でも許されていますが、ハローワークの窓口へ届出しなくてはいけません。基準として4週のうち14日以下、週3以下で20時間以下であるならば許可されることが多いですが、届け出しないままにしておくと不正受給となってしまいます。不法行為で失業給付金を受け取った時には、支給されていた分の全て以外にも、支払われていた金額の2倍、簡単に言うと三倍の金額を支払う義務があります。例として100万円貰っていたケースは300万円を返す義務があります。

ページの先頭へ