四万十市でもらえる手当て

離婚の理由で母子家庭になってしまった方は月々養育費が払われているというケースが四万十市でも珍しくありません。そういったときには養育費の支払いを生活費として不可欠なものとして扱っている方が大部分だと思いますが、きちんと払い込んでくれなかったり、何年かすると、不意に支払いが滞るなどといった危険も考えておく必要があります。離婚を決める際には公証役場にて公正証書を作成するようにするというのが好都合ですが、とにかく書類化して互いにサインするようにしておくと、ごたごたを防ぐこともできます。

一人親家庭の援助をする助成金といえば児童扶養手当になりますが、他にも、つかえる手当ては存在します。例えば、一人親ための医療費を助成する制度によって、医療費の一部を支援してもらえて、四万十市などの市町村の役所の年金課で申し込むことで受けられます。そして、母子家庭にかぎるものとは違いますが、年金などの支払いが困難な際は申し出れば納付額の全体や半額の免除を受ける事も可能です。暮らしの負担をへらすためにも使いたい助成です。

四万十市のおすすめ情報

四万十市国民健康保険西土佐診療所四万十市西土佐用井1110-280880-52-1011
四万十市国民健康保険 四万十市立市民病院四万十市中村東町1丁目1番27号0880-34-2126
四万十市国民健康保険口屋内出張診療所四万十市西土佐口屋内101-10880-54-1010
医療法人島津会 幡多病院四万十市右山天神町10-120880-34-6211
医療法人佐々木会 佐々木整形外科医院四万十市中村一条通5丁目79-20880-34-7177
太陽クリニック四万十市右山天神町5-30880-34-0372

失業中の若年層の人数は四万十市でもなかなか減少していかず、卒業後の就職率も段々下がる傾向にあります。そういう現状の中で厚労省は正社員で働きたい若者をバックアップする「わかものハローワーク」を各地域に整備しました。ターゲットにしているのは、おおむね45歳未満になっていて、希望するならば個々にスタッフが付いて就職活動や面接方法などについての相談を受けることが出来ます。さらに、仕事が続かないという人向けに新たな会社で働きだしてからも相談に乗ってもらえる等というような手助けもしています。

ページの先頭へ