笠間市でもらえる手当て

母子家庭を支える制度として児童扶養手当があります。母子家庭の子供の人生を支援してくれる制度で、笠間市等、各窓口で届けることでもらうことができます。通常は月に四万ほどがもらえますが、届けないと受給することができないため、申し込んでいない時は、確実に届け出るようにしてください。子供が18才になって最初の三月末をむかえるまで受け取ることができ、児童手当等と同じく子供のために設定されているシステムです。毎日の暮らしを維持するために、子どもの成長環境を整える補助です。

母子家庭や父子家庭を支えてくれる補助金というのは児童扶養手当になりますが、それ以外にも、受けられる助成金は準備されています。たとえば、ひとり親ための医療費助成の制度では、医療費のいくらかを補助してくれて、笠間市などの役場の窓口で申告すれば活用できるようになります。加えて、シングルマザーにかぎるものとはちがってきますが、国民年金や健康保険等を払うのが困難な際は、申し込むことですべてや半分を免除してもらうといった事が可能になっています。お金の重荷を緩和するためにも受けたいシステムです。

笠間市のおすすめ情報

茨城県立こころの医療センター笠間市旭町6540296-77-1151
医療法人社団聖嶺会 立川記念病院笠間市八雲2-12-140296-77-7211
医療法人社団 下田整形外科笠間市笠間字森下4390-30296-73-0858
佐藤医院笠間市笠間981-80296-72-0032
いけうち医院笠間市笠間12000296-72-1105
茨城県立中央病院笠間市鯉淵65280296-77-1121

笠間市でもハローワークで失業手当の申請手続きをした後、該当者が失業状態を認定するため、四週に1度の頻度でハローワークに行って失業手当の認定を受けなくてはなりません。ここで見られるのは働いていない失職状態のままであるというような事と、どのような職探しを行っているかというような事になります。勤務先が決まった状態で失業手当を受け取る場合の他にも、職探しをしていないにもかかわらず虚偽の届け出をしていたり、短期のバイトをしていたにも関わらず報告しなかった時も不正受給になります。

ページの先頭へ