多久市でもらえる手当て

シングルマザーということばは多久市では社会的にも知られていますが、父子家庭については、あまりなじみがありません。実情として、前は児童扶養手当は母子家庭の子どもだけが受給できて、父子家庭には払われませんでしたが、平成22年からは、父子家庭も払われるように法改正されました。子供が幼い時は親権は母親という決定になることが一般的なため父子家庭というのは珍しかったり、収入となる職を持つ事がほとんどだったので、以前は対象からははずされていましたが、シングルマザーだけでなく、父子家庭も支えが不可欠であるということが認められたわけです。

離婚によってシングルマザーになった方は、月当たりに養育費を支払ってもらっているというようなケースが多久市でも少なくありません。それらの時には養育費のお金を生活費として当てにしている方がほとんどですが、しっかりと納めてくれなかったり、しばらく経つと、不意に支払ってもらえなくなる等の可能性も考慮に入れておきましょう。離婚をしようとする場合には公証役場で公正証書に残すようにするのが良いのですが、少なくとも文書にして夫婦で署名すると、トラブルを避けることもできます。

多久市のおすすめ情報

太田医院多久市北多久町大字小侍630番地0952-74-3236
医療法人社団 諸江内科循環器科医院多久市北多久町大字小侍604番地0952-75-3880
医療法人 池田内科胃腸科医院多久市北多久町小侍40番地50952-71-9355
中多久病院多久市北多久町大字多久原2512番地240952-75-4141
みつふじ医院多久市北多久町大字小侍666番地230952-75-5088
内田整形外科医院多久市北多久町大字小侍914番地10952-75-8838

無職やフリーターの若者の人数は多久市でもなかなか減少せず、大卒の就職率についても少しずつ下がる傾向にあります。そういった現状下で厚労省は正規社員の職に就きたい若者を援助することを目指したわかものハローワークを全国に置いています。対象にしているのは、ざっくりと45歳未満で、希望するならば一人ひとり担当者が求職活動や面接試験の受け方などのフォローも得られます。さらに、仕事をすぐに辞めてしまうという方に向けて就職してからも相談を受けるなどというような支援も行われています。

ページの先頭へ