小金井市でもらえる手当て

生活費の面でつらいというために学校に通うのが難しい子どものために就学援助制度というものも小金井市ではあります。教育を無理なく受けられるように子供向けにサポートをしていく制度です。たとえば、学校の授業を受ける際に不可欠な文房具とか校外活動費の一部を補助してくれます。学校にて申し込み書が渡されますので、申し込んで承認されれば助成してもらえるようになります。シングルマザーで金銭面で厳しい場合には利用を考えてみましょう。この補助を申請しているかどうかは他の保護者にはわからないようにケアされています。

シングルマザーの援助をしてくれる手当というのは児童扶養手当ですが、その他にも、利用できる仕組みは存在します。たとえば、一人親の医療費を助成する制度により、医療費の一部を援助してもらえて、小金井市などの役場の窓口で申請することで活用できるようになります。さらに母子家庭限定のものとは違いますが、年金などの支払いができない場合は届けることで全額とか半分の額の免除を受けるといった事が可能になっています。お金の負担をへらすためにも利用したい補助です。

小金井市のおすすめ情報

医療法人社団 弘慧会 こがねい耳鼻咽喉科クリニック小金井市本町六丁目5番3号シャトー小金井1階042-387-8176
医療法人社団 樹会 武蔵小金井南口心療クリニック小金井市本町六丁目13番19号ダイワビル3階042-385-0221
医療法人社団 眞友会 近藤皮膚科クリニック小金井市東町三丁目3番11号0422-30-9855
医療法人社団 翠幸会 小沢医院小金井市中町四丁目12番1号0423-81-8433
医療法人社団 一白会 菊地脳神経外科・整形外科小金井市東町三丁目12番11号0422-31-1220
医療法人社団 裕和会 共立整形外科小金井市本町六丁目9番38号0423-83-5115

失業保険をもらえる期間最大まで支給してもらってから勤務先を決めようという人は小金井市でも少なくありませんが、再就職をしやすくすることを目的とする就業促進手当というものも準備されています。失業保険をもらう認定を所有した後に再就職した方で、支給期間の残りの日数が1/3以上あって、1年以上雇用される予定の際に就業促進手当を受給することができます。残り日数が3分の2より多く残っている時には60%、3分の1以上の際には50パーセントの額を受給することが可能です。遡って三年の期間に再就職手当を受給していないことが条件になります。

ページの先頭へ