神埼市でもらえる手当て

一人親家庭をサポートしてくれる母子家庭手当には児童扶養手当があります。母子家庭の子の毎日の生活の安定の手助けをする制度で、神埼市等、各役場で届ければ払われます。基本的には毎月四万位が支払われますが、申し出ないと支払われないため、申請してない場合は、きちんと届けるようにしてください。子どもが十八才になって次の3月末になるまで受給でき、児童手当などと同様に子どもに対して用意されている公的制度です。日常生活をしていくために、子供の発達環境を準備する助成金になります。

母子家庭という単語は神埼市では一般的にも用いられていますが、父子家庭は、ほとんど使われていません。実情として、ひと昔前は児童扶養手当はシングルマザーの子のみが受給できて、父子家庭には支払われませんでしたが、2010年より、父子家庭も払われるように改正されました。子どもが低年齢の際は母親が親権を所有することがほとんどなので父子家庭というのは少数であったり、父親は暮らしていくのに十分な職についていることがほとんどだったので、これまでは対象外にされてきましたが、シングルマザーに限らず、父子家庭についても手助けが不可欠であるということが判断されたわけです。

神埼市のおすすめ情報

しらいし内科神埼市神埼町城原1256番地10952-52-3848
橋本病院神埼市神埼町本告牟田3005番地0952-52-2022
神埼市国民健康保険脊振診療所神埼市脊振町広滝462番地0952-59-2321
医療法人 山田こどもクリニック神埼市神埼町田道ケ里2394番地10952-55-6566
中尾胃腸科医院神埼市神埼町田道ケ里2284番地10952-52-3295
中下医院神埼市千代田町餘江128番地0952-44-2488

失業給付金が支払われる期間については、神埼市でも何年勤めたかと年齢と職を離れた理由によって変化してきます。自己都合により会社を辞めた人で65歳未満の事例では勤続年数が1年以上10年未満であれば90日、20年未満であるならば120日、20年以上であるならば150日になります。退職した理由が会社都合である特定受給資格者は、自己都合退社の方の期間と比較して長めになり、結果として支給される額も増えていきます。また、自己都合にて仕事を辞めたときには3カ月間の給付制限というものがあって、一定日数が経たないと失業保険の受給ができない事になっていますが、会社都合によって辞めた人には特定受給資格者になるため、そういった制約がなくなります。

ページの先頭へ