熊本県でもらえる手当て

シングルマザーという単語は熊本県では一般的にも使われていますが、父子家庭については、あまり用いられません。実際、以前は児童扶養手当はシングルマザーの子どもだけが受給できて、父子家庭には支給されませんでしたが、2010年から、父子家庭も対象になるように修正されました。子どもが低年齢の際は親権は母親が所有する場合がふつうなので父子家庭というのは多くなかったり、ある程度の職に就いている事が多かったので、これまでは支払われませんでしたが、シングルマザーだけではなく、父子家庭についても援助が不可欠と認められたということです。

母子家庭として生活していくと、自らの収入の増減がストレートに家計に影響を与えます。ときには、月の請求料金の支払を控えて、今すぐにでも現金が必要という事も出てきます。そのようなときには、いらないブランドもの等を買取して現金を受け取れるリサイクルショップは助かります。熊本県にて、買取価格をできる限り上乗せしたいといった場合は、宅配買取を選ぶと高値で買い取ってもらえます。インターネットで申込むと送られてくる段ボールに売却したい物を入れて送り返すだけで買い取ってもらえて、査定に納得がいった時には振込にて払ってもらえます。

熊本県のおすすめ情報

さとう医院菊池郡大津町室377-1096-293-2550
秋津レークタウンクリニック熊本市東区秋津町秋田3441-20368-6007
東熊本病院上益城郡益城町惣領字木神1522-1286-2525
南部中央病院熊本市南区南高江6ー2ー24096-357-3322
ヘルスアートクリニック くまもと熊本市中央区花畑町1-1三井生命ビル1階096-319-5656
医療法人 再生会 くまもと心療病院宇土市松山町19010964-22-1081

会社都合により仕事を辞めた特定理由離職者と認められると失業保険の給付期間が長くなって、支給される額も増えます。会社都合と言うと解雇という例が考えられますが、その他の場合でも会社都合と認められる事例は熊本県でも少なくないです。賃金未払いとか過剰な残業などというような労働事情により職を離れた時であっても会社都合にされて特定受給資格者になれるケースもあります。さらには、夫の転勤等のために今の勤務地に通い続けるのが容易でない土地に引っ越す時も特定理由離職者になります。

ページの先頭へ