三重県でもらえる手当て

三重県のシングルマザーの方によっては、経済的にきつくなって定期的な請求料金に遅れてしまう事もあると思います。年金とか携帯代等、月ごとの請求料金が増えると滞納しそうになりがちです。それらのときに見落としがちになるのが遅延金になります。払込期日に払えなかった分について、延滞料金を足して納めなくてはいけなくなってしまう場合も多くあります。そのときの利息は意外と多くなりがちで十数%以上になってしまうケースが大部分になるため、少ない金利で借入れできるキャッシングで借金して支払ったほうが金額が減るといったことも珍しくありません。

離婚によってシングルマザーになった人は、月ごとに養育費を受け取っているといった場合が三重県でも多数あります。そのような場合には養育費を生活費の一部ということでたよりにしている方がほとんどだと思いますが、きちんと払い込んでくれなかったり、何年かすると、急に払ってもらえなくなるなどのリスクも想定しておく必要があります。離婚を決める時には公証役場で公正証書に残すというのが理想的ですが、何はともあれ文書化して二人でサインするようにすると、問題を防げます。

三重県のおすすめ情報

医療法人社団南産婦人科松阪市下村町10410598-29-2020
名張市応急診療所名張市朝日町1361-40595-63-3913
医療法人荒木内科循環器科伊勢市西豊浜町字下ノ沢5444番地0596-38-0555
杉本眼科クリニック四日市市堀木2丁目4-5059-328-4780
近藤小児科医院桑名市星見ケ丘3丁目203-10594-32-5551
御浜はないクリニック南牟婁郡御浜町大字上市木219705979-2-4976

失業保険を受け取れる期間については、三重県でも会社に在籍した年数と年齢と会社を辞めた理由で変動してきます。自己都合により仕事を辞めた人で65歳未満である時では会社に在籍した年数が1年以上10年未満であるならば90日、20年未満なら120日、20年以上であるならば150日になります。仕事を辞めた理由が会社都合の特定受給資格者については、自己都合の人の期間と比べて多くなり、結果として支給される額も多くなります。自己都合により職を離れた場合には3ヶ月の給付制限というものが設定されていて、所定の日数が経たないと失業給付金を受け取れないことになっていますが、会社都合で退職したときには特定受給資格者になって、そういう規制はないです。

ページの先頭へ