宮城県でもらえる手当て

母子家庭という単語は宮城県では普通に使われていますが、父子家庭については、それほど用いられません。現実問題として、前は児童扶養手当は母子家庭の子供のみが対象で、父子家庭は対象に入っていませんでしたが、平成二十二年より、父子家庭についても対象になるように修正されました。子どもが小さいときは母親に親権が認められる事がふつうなため父子家庭は多数派でなかったり、父親というのは生活に十分な職を持っていることが大部分だったため、これまでもらえませんでしたが、母子家庭だけではなく、父子家庭も手助けが不可欠ということが認識されたということです。

シングルマザーをサポートする手当てとして児童扶養手当が用意されています。シングルマザーの児童の生活の安定を支える手当で、宮城県等、各役場で申し込めば受け取れます。原則的には月当たり4万円程をもらえますが、届け出ないと受給できないため、申し込んでいない時は、きちんと届け出るようにしましょう。子供が18才の誕生日を迎えて次の3/31をむかえるまでもらうことができて、児童手当等のように子供のために払われる助成金です。生活をしていくために、子供の成長環境を準備する手当てになります。

宮城県のおすすめ情報

しばた耳鼻咽喉科クリニック柴田郡柴田町船岡新栄3ー42ー50224-55-3334
結城産婦人科医院仙台市青葉区台原2ー12ー8022-272-8431
三上医院亘理郡亘理町字裏城戸179ー10223-34-3711
竹中耳鼻咽喉科仙台市青葉区木町通1ー7ー9022-225-2265
医療法人敬仁会遠藤医院遠藤マタニティクリニック多賀城市町前2ー2ー8022-361-1230
宮城県子ども総合センター附属診療所大崎診療室大崎市古川駅南2ー4ー30229-22-0030

ハローワークに行けば失業給付金を受け取る手続き等も行っています。失業保険とは、勤務していた人が退職してほかの勤め先を探すまでのお金を支援するためのものです。受給条件としては雇用保険に過去1年に6か月以上の期間加入している事が不可欠です。アルバイトやパートで仕事をしていた方は2年の間に1年を超える期間入っていた事が条件になります。宮城県でも働く意欲を持っていて、すぐに勤務できることを要求されますし、仕事探しも行っていることが不可欠です。

ページの先頭へ