宮崎県でもらえる手当て

一人親家庭の手助けをする補助金には児童扶養手当があります。離婚とか死別などの理由でシングルマザーに養育されている子の日々の生活をの手助けをすることを目的とした補助になります。対象となるのは、父母が離婚しているケースとか、父母の一人が死んだり、または重い身体障害を抱えるケースなどです。結婚していない母から産まれた子も受け取れます。宮崎県など、各役場にて申請することができます。再度結婚したり、児童養護施設等や養父母に養育されている時には受給できません。

母子家庭ということばは宮崎県ではふつうに用いられていますが、父子家庭については、あまりなじみがありません。実情として、以前は児童扶養手当については母子家庭の子供のみがもらえて、父子家庭は受給できませんでしたが、平成二十二年から、父子家庭についても対象になるように是正されました。子供が低年齢の際は母親が引き取る事がふつうなため父子家庭は多くなかったり、ある程度の職業に就いている事が多かったため、以前は対象からははずされていましたが、シングルマザーにかぎらず、父子家庭も助けがいると認識されたわけです。

宮崎県のおすすめ情報

都城市郡医師会病院都城市大岩田町5822番地30986-39-2322
医療法人杉澤医院杉澤胃腸科内科宮崎市城ケ崎4丁目6番地70985-51-3348
小池レディスクリニック宮崎市清武町船引633番地50985-85-7111
巴外科内科宮崎市大字恒久5988番地0985-51-1777
大塚皮膚科医院西都市御舟町2丁目52番地0983-43-5234
一心外科医院北諸県郡三股町大字樺山4969番地10986-52-7788

障害がある方には中々勤め先が探せないで苦労しているというような方が宮崎県でも多くなっています。そのような方に向けてハローワークにおいては専任のスタッフによって求職活動についてのアドバイスや新たな仕事に就いた後も悩相談ができる等といったフォローをされています。障がいを理解し障がい者枠を準備して求人募集を実施する会社も多くなっています。障害者手帳の有り無しに影響されずに手助けをしてもらえて、障害者総合支援法に基づいた支援をする就労移行支援事業所では障害のある方のための職業訓練や職業相談や履歴書をどう書くかのバックアップもしてもらえます。

ページの先頭へ