長崎県でもらえる手当て

金銭面で大変であるといったために学校で学ぶのが難しい子供のために就学援助制度というものも長崎県ではあります。教育を誰にでも就学できるように子どものために金銭面での支えを実施していく公的制度です。例としては、授業を受ける際に不可欠な教材や学校給食費のいくらかを補助してもらえます。学校から申し込み書類がわたされるので、申請して認定されれば補助されます。シングルマザーで暮らしを営んでいくのが厳しい場合は検討してみてください。このサポートを受けているかどうかはほかの人には把握されないようになっています。

一人親世帯を補助する助成金ということで児童扶養手当があります。親の離婚、死別などにて一人親によって養われている児童の日常生活をを助けるための補助金です。支払われるのは、夫婦が離婚しているケースや、両親の一人が死んでしまったり、または重度の身体障害を持つ場合等です。結婚前の母から生まれた子ももらうことができます。長崎県など、市町村の役所で申し込めます。再婚をしたり、施設等や里親に養われているときはもらえません。

長崎県のおすすめ情報

医療法人光仁会 光仁会病院長崎市三原3丁目643番地095-844-3456
医療法人社団尚友会 おおくぼ内科医院諫早市多良見町化屋18100957-43-0811
島原マタニティ病院島原市新町2丁目2780957-62-7111
谷口外科整形外科医院長崎市新戸町3丁目3番22号095-878-3181
松本産婦人科医院長崎市中園町21番25号095-845-5883
横田医院長崎市大園町10番12号095-857-2406

就職していない若年層の数は長崎県でも思うように少なくならず、卒業後の就職率についてもしだいに下がっています。その現状下で厚生労働省は正規雇用で働きたい若年層をバックアップする「わかものハローワーク」を各地域に置きました。対象としているのは、ざっくりと45歳未満になっており、望むならば各々にスタッフが職探しや面接の対策などのフォローもしてくれます。仕事が続かない方向けに新たな職に就いてからも相談できるなどというようなバックアップも行われています。

ページの先頭へ