奈良県でもらえる手当て

児童扶養手当てだけではなく、暮らしのサポートをしてもらえる助成が奈良県にはあります。父親を亡くしてしまい母子家庭になった際には遺族年金の受給対象となります。さらに離婚などによって片親になった際にも年金などを払うのが厳しい際は全体とか半分の金額の免除を受けるというような事が可能になっていますので、支払えないなら減免してくれるか、市町村の役所へ聞いてみるようにしましょう。その他にも、母子家庭の医療費の一定額を援助してくれる仕組みも設けられています。

経済的に大変であるというために学校に通うのが困難になっている子供向けに就学援助制度も奈良県では存在します。教育を誰にでも習えるように子供に対して費用面での補助をする公的制度です。具体的には、学校でつかわれる文具や給食費用の一部の金額を助成してくれます。学校にて申し込み書が届けられますので、申請して通れば助成されるようになります。シングルマザーで生活を営んでいくのがハードな場合には申請してみましょう。この助成を使っているかどうかはその他の保護者には知られないように気を配られています。

奈良県のおすすめ情報

医療法人黄クリニック大和高田市神楽2-12-340745-24-3535
医療法人鎌田医院十日市診療所五條市西吉野町十日市304747340001
武内クリニック北葛城郡王寺町元町2-2479-10745-72-1618
医療法人厚生会奈良厚生会病院大和郡山市椎木町769-3743565678
西澤医院大和高田市内本町13-130745-52-2266
医療法人 大沢眼科大和郡山市柳町70番地1743535067

国内では女性の内60%以上の人が出産や結婚などをきっかけに職を退くのですが、実は25から49歳の女性の300万人超の方が就職したいという希望を抱くのが現状です。内閣府の試算では、それらの方たちが就職するとGDPが1.5%増えるとなっています。子供を持つ人がもう一度仕事を始めるのを後押しすることを担って厚生労働省が用意したのがマザーズハローワークであり家事をしながら勤務できる職場の紹介を行っています。就職率も高くマザーズハローワークの数も少しずつ増加しています。

ページの先頭へ