埼玉県でもらえる手当て

埼玉県のシングルマザーの人によっては、お金が厳しくなって月々の支払が遅れがちになる事も多々あります。保険料とか電気代等、毎月の払いが多くなってくると支払えなくなりがちです。そのような時に気を配りたいのが遅延金になります。納付期日に遅れてしまった延滞分については延滞利息をプラスして払い込まなくてはいけなくなってしまう場合もあります。その利率は案外と高くなりがちで十数%を超えるケースが少なくないため、金利が安く借りれるキャッシングで借り入れして払ったほうが金額が多くないというようなケースも多くなっています。

離婚にて母子家庭になった方は、月当たりに養育費を払ってもらっているという場合が埼玉県でも多くあります。それらの場合には養育費の支払いを生活を維持していく上で期待している方がほとんどだと思いますが、きちっと支払ってくれなかったり、しばらくすると、急に支払ってもらえなくなるなどといった危険も想定しておいてください。離婚をしようとする場合には公証役場にて公正証書の形にしておくのが好都合ですが、何はともあれ記録して二人で捺印するようにしておくと、ごたごたを避けられます。

埼玉県のおすすめ情報

本町診療所坂戸市本町2番13号049-283-0020
冨田クリニックさいたま市見沼区中川1023048-680-2311
ダイアン・いこ皮ふ科クリニック川口市前川1-1-11イオンモール川口キャラ2階048-424-8839
岡田医院熊谷市拾六間2730485-33-4666
島田整形外科医院川越市中原町2-1-4492223576
医療法人 大沢会 大沢医院越谷市大房1039-1048-978-3210

失業保険が支払われる期間については埼玉県でも会社に在籍した年数と年齢と仕事を辞めた理由によって変動します。自己都合によって辞めた人で65歳未満のときでは勤続年数が1年以上10年未満であるならば90日、20年未満であれば120日、20年以上なら150日になります。会社を辞めた理由が会社都合である特定受給資格者は、自己都合の人の期間と比べて長期になって、結果的に支給される金額についても増えます。自己都合にて辞めた時には3ヶ月の給付制限が定められていて、指定の日数が過ぎないと失業手当の給付がされないのですが、会社都合によって離職したときは特定受給資格者となるため、それらの制限は出てきません。

ページの先頭へ