東京都でもらえる手当て

離婚により片親になってしまった方は月額で養育費を払ってもらっているというようなケースが東京都でも珍しくありません。そのようなときには養育費を家計のやりくりで欠かせないものとしている方が多いですが、きちんと支払ってくれなかったり、時間が経つと、突然支払いが滞る等のような危険も考えなくてはいけません。離婚をしようとする時には公正証書に残しておくようにするのが良いのですが、まずは書類化して互いにサインするようにすると、もめごとを避けられます。

母子手当てのみならず、暮らしの支援をしてもらえる制度が東京都には揃っています。父が亡くなってしまい母子家庭になってしまった場合は遺族基礎年金の受給対象となります。加えて、離婚などでシングルマザーになったケースでも健康保険等を支払えない場合は、支払額のすべてや半額を免除してもらうことができますので、支払えない場合は免除してくれるかどうか、市町村の役場へ聞いてみることをおすすめします。それ以外にも、母子家庭の医療費の一定額を負担してくれる制度も用意されています。

東京都のおすすめ情報

大西眼科クリニック狛江市東和泉一丁目16番地2号Nビル102号03-3489-6108
飛鳥病院町田市鶴間3710427-95-2080
一般社団法人 練馬区医師会 医療健診センター練馬区高野台二丁目23番20号03-3997-6175
くにたち眼科国立市北一丁目12番6号042-505-9740
内山医院大田区東雪谷二丁目14番11号03-3729-8802
新宿セントラルクリニック新宿区新宿三丁目11番11号ダイアンビル9階03-3341-4427

東京都で育児と両立させて仕事をしたい方をバックアップするために平成18年4月に厚労省が取り組んだものがマザーズハローワークです。子供の世話と仕事の両立を希望する方だったら男性女性問わずに役立ちます。訪れる方は段々増加傾向でマザーズハローワークの数も増設されてきています。一対一で求職に関する助言をしてくれる就職支援ナビゲーターの制度もあり利用者の80パーセント超の高い就職率を出しています。さらに、子供と一緒に就職活動が可能なマザーズコーナーが準備されているハローワークも少なくないです。

ページの先頭へ