山梨県でもらえる手当て

シングルマザーということばは山梨県では一般的にも知られていますが、父子家庭は、それ程用いられません。実際、前は児童扶養手当についてはシングルマザーの児童だけが受給できて、父子家庭には払われませんでしたが、平成22年から、父子家庭についても対象になるように改定されました。子供が低年齢の場合は母親が親権をもつケースが通常なので父子家庭というのは多くなかったり、生活に足りる仕事を持つ場合が大部分だったため、以前は支払われませんでしたが、シングルマザーのみでなく、父子家庭にも援助が不可欠ということが認定されたのです。

母子手当てだけではなく、お金の援助を受けることができる助成が山梨県には設けられています。たとえば、父が死んでしまって一人親になった場合は遺族基礎年金の受給の対象となります。加えて、離婚などの理由でシングルマザーになってしまった時にも国民健康保険等を払うのが難しいときは、全額や半分の額の免除を受けるということが可能なので、支払えそうにないなら減免をうけられるかどうか、窓口に行ってみましょう。ほかにも、片親家庭の医療費を部分的に支援してもらえる仕組みも設けられています。

山梨県のおすすめ情報

フルヤ眼科医院中央市布施1990ウィルピア1F055-273-0660
山梨県立こころの発達総合支援センター甲府クリニック甲府市北新一丁目2-12山梨県福祉プラザ内055-254-8650
医療法人徳洲会 白根徳洲会病院南アルプス市西野2294-2055-284-7711
堀内整形外科医院甲府市湯村一丁目10-28055-252-9501
南部町国民健康保険 万沢診療所南巨摩郡南部町万沢3404番地10556-67-1030
医療法人 小宮山会 ひかり眼科医院甲府市下飯田一丁目4番41号055-221-9557

失業給付金を支給してもらうためには山梨県でも管轄のハローワークにて手続きが必要です。申込みの時に必要となる物は離職するときに雇用主から発行された離職票1と離職票2、雇用保険被保険者証になります。証明写真としては正面上半身が写った縦横縦3cm2.5cmの大きさの物を2枚準備します。本人確認書類については運転免許証を所有していれば1枚、顔写真が掲載されていない証明書等は2枚必要になります。加えて、印鑑や普通預金通帳を持参しておきます。

ページの先頭へ