生活保護をもらうには

生活保護の制度の申請をする人は増えてきています。ただ、希望する人みんなが生活保護を受け取れるわけではありません。例えば、基準を超えた給料はあるが借金返済に追われて家計が厳しいというような状態は対象になりません。これらの条件では自己破産、債務整理等のほかのやり方を利用します。

生活保護を希望する人は、まず、生活保護の窓口に足を運ぶ必要があります。生活保護の申請の申し込みの際は経済状況まで細かく聞かれますが、正しく話す必要があります。のちほど、細かな調査が入りますので、ウソをついても、必ずあばかれます。ウソを言ったことが見つかったら、生活保護の受給資格をもらえません。東京都でも生活保護制度を望む方のいずれもが生活保護の受給資格をもらえるわけではありません。一回目で許可がおりなかったからといって、何度も毎日の生活にこまっているということを説明し続けることがポイントです。

生活保護の申請は当該都道府県、市町村にある福祉事務所でします。等の給付が提供されています。生活保護法は1946年に施行された最初の法律をベースに改正して昭和25年5月4日に施行したもので平成以降の今まで時代に応じて改正や政令、附則を追加する措置をとっています。法の規定を基に厚生労働大臣が定めた適用基準の最低生活費より就労の対価としての収入や年金、社会保険の給付金額をのぞいた額が東京都でも支給されてきます。