小笠原村で生活保護をもらうには

小笠原村の生活保護の手続きのやり方 小笠原村の生活保護のフローチャート 小笠原村の生活保護の金額ともらうための注意点

小笠原村で生活保護のもらうには

生活保護制度の申請は小笠原村で増えています。そうは言っても、申請をする方みんなが生活保護の対象となるわけではありません。例えば、水準を超えた給料があるけれど借金の返済に追われてやりくりができないといった状態では適用外です。この条件では自己破産や任意整理等のその他のやり方を使うことになります。

小笠原村で生活保護制度の手続きをする方は、はじめに、生活保護窓口まで行かなければなりません。生活保護の制度の申請の時には仕事の状況まで細部まで問いかけられますが、ウソをつかない必要があります。追って、細かく調査されますので、嘘をついても、絶対にあばかれます。隠し事をしたことが発覚したら、生活保護を受給できません。小笠原村でも生活保護を望む方の誰もが生活保護の対象となるわけではありません。一回承認されなかったからといって、ギブアップしないで毎日の生活に悩んでいることを訴え続けることが必要です。

小笠原村でも生活保護の受給の申請には当該都道府県、市町村の役所の福祉事務所でします。介護施設の事業者への費用を支給する介護扶助生活保護法は1946年に施行されたものをベースに改正して昭和25年5月4日に施行された法で平成以降の今までその現況をふまえて改正、政令や附則を規定する措置を行っています。法律の規定をもとに厚生労働大臣が定める基準を適用した最低生活費より就労での収入や社会保険、年金で給付される金額を除いた額が小笠原村でも支給額です。

小笠原村のインフォメーション

小笠原村 母島診療所小笠原村母島字元地04998-3-2115
小笠原村診療所小笠原村父島字清瀬04998-2-3800
小笠原村診療所小笠原村父島字清瀬04998-2-3800

失業手当の申請手続き後の7日間の待機期間も入れて、失業保険が出ているときに短期のバイトで勤務する事は小笠原村でも許されていますがハローワークへ申請しなくてはなりません。基準として、4週のうち14日以下、週日以内で20時間以下ならば許可される事が多いですが、申請しないままであると不正受給になります。不正をして失業手当をもらっていた場合は受け取った金額全てに加えて、その額の2倍、要するに3倍の金額を返す義務があります。例えば100万支給されていたときは300万が請求されます。

ページの先頭へ